副業/仕事

ブログに適切な文字数はない。2000文字が最適といわれているわけ

文字数とSEOの関係性は? 文字数の増やし方を紹介



【1000文字以上書けば大丈夫だよ!】
【文字数は多いほうがSEOに有利!】
【2000文字以上がロングテールに効果的!】
【最低でも3000文字以上は書こう!】


こういう言葉、よく聞きますよね。

ブログを始めたばかりの方が気にされるのは、記事の文字数だと思います。私も、気になって調べたうちの1人です。

勘違いしている方が多いですが、ブログに文字数制限はありません。私たちが勝手に、基準を付けてしまっているだけです。

今回は、ブログ1記事の最適な文字数についてご紹介していきます。

この記事にこんな人におすすめ
  • 1記事の最適な文字数が知りたい人
  • どうして文字数がブログに重要なのか知りたい人
  • 文字数が多い方がいい、2000文字以上がいいと言われている理由が知りたい人
  • 文字数とSEOの関係性を知りたい人
この記事を読むとどうなるか
  • 自分のブログの平均的な文字数を決められる
  • 文字数は重要ではないとわかる
  • 文字数の増やし方がわかる
スポンサーリンク

ブログの文字数に決まりはない

ブログの文字数に決まりはない

ブログに決まった文字数はありません。

書きたいと思ったものを、好きなだけ書けばいいのです。

それがたとえ1万文字だろうが、5000文字だろうが、なんなら1文字でも、本人がブログと言えばブログになります。

とはいえ、さすがに1文字のブログなんて誰も読みませんよね。

ブログとはそもそも、自分の「好き」を発信する場です。アフィリエイトなどの収益化は、言ってしまえば副産物にすぎません。

アフィリエイト化の影響で、これはダメ、あれはダメと言われる記事が多くなりましたが、本来のブログは何でも書いていいのです。

文字数にだって制限はありません。自分がこれでいいと思えば、それはひとつの記事であり、あなたの財産になります。

最低でも1000文字が良いと言われている理由はGoogleアドセンスにある

最低でも1000文字が良いと言われている理由



【ブログは最低でも1000文字が望ましい】



これはよく言われていますね。

なぜ、1000文字なのでしょうか?

それは、Googleアドセンスへの審査に必要な最低ラインだからです。

ただし、Googleが明確に示しているわけではありません。

多くの合格者が体験し考えた結果、「1000文字以上あるとよい」という結論にたどり着いたのです。

しかし、ここで誤解しないでほしいのですが、Googleは記事を文字数で評価しません。いくら文字数を増やしても、ランキングにはなんの関係もないのです。

このことは、Googleのジョン・ミュラー氏もはっきり否定しています。

Googleはあなたのページ内の単語を数え、「100の単語が悪い、100から500語のすべてが良くて、500以上でも大丈夫」とすべて言ってくれるアルゴリズムはありません。

私たちはページ全体を見て、評価しています。

ユーザーにとって魅力的で関連性の高いページであれば、文字数が多かったり少なかったり、大量の画像を使っていてもまったく問題ありません。

English Google Webmaster Central office-hours hangout
引用元:YouTube

同じGoogleであるアドセンスも、文字数で合否を決定していないと考えていいと思います。それよりも、記事の中身を見ているでしょう。

1000文字のラインは、どこかの偉い人が決めたのではありません。私たちが決めた数字です。

私はWebライターをしていたので、このブログを開設するときには、1000文字は余裕で書けました。

しかし、もし何も知らずに始めていたら、1000文字の壁に追い詰められていたかもしれません。

なぜ、2000文字以上の記事が良いと言われているのか?

2000文字から3000文字が良いと言われている理由

2000文字~3000文字の記事が一番よいと言われている理由、それは人間が飽きない文字量だからです。

人間はおよそ、1分間に400文字~600文字の文字を読むと言われています。

本当なのか半信半疑だったので、実際に読書速度ハカルくんというサイトで試してみたところ、私は1分間に378文字を読むことがわかりました。

平均より少し遅いですね。読書をサボった結果です。反省。

とにかくこれで、人間は1分間に約400文字の文字を読むことが証明されました。

2000文字~3000文字の記事を読むには、最低でも5分~8分かかります。

10000文字の記事なら、約25分です。25分も読めないですよね。とくに普段から読書しない方は、すぐに集中力が切れてしまうでしょう。

私も読書は好きですが、10分が限度です。

また、ネットで検索してくるほとんどの方は、私たちのサイトだけでなくいろいろなサイトを巡回しています。

そのため、自分のサイトに来たときには、すでにいくつかのブログを見た後かもしれません。


そのときに長い記事を読むと、どうなるでしょうか?
⇒読む気がなくなり、途中で離脱します。



現在のユーザーは、ひとつのサイトを見て終わりではありません。いくつかのサイトを読み、比較して考えます。

そのため、ユーザーが読みやすい文字数であり、答えにたどり着きやすい2000文字~3000文字がブログに最適な文字数と言われているのです。

文字数が多いとSEO対策になって、上位に検索されやすいのも事実

文字数が多いとSEO対策になる

文章量の多い記事が、多くの方に読まれるのも事実です。

私が教材として読んでいるサンツォさんの「ブログ部」では、1記事の最低文字数は8,300文字という結果が出ています。

「え~?うっそだあ!」と思いましたが、サンツォさん自身が300サイトを調査した結果、その事実が判明しました。

【SEOと文字数の相関】を実際に300サイト調査した結果、衝撃の事実が…!? | ブログ部
SEOと文字数は関係があるのか? ブログの文字数の目安はどのくらい? これ、ブロガーやアフィリエイターにとっては永遠の疑問ですよね。 試しにSEO関連の記事をいろいろググってみても、どのサイトも口を揃えて 「SEOと文字数は関係ない。ユーザーの検索意図を満たしているものが上位表示される」 な〜んてことしか書いていません...

しかし、上記で文字数はランキングに関係ないと説明しました。

では、なぜ文字数が多い記事は、ランキング上位になりやすいのでしょうか?

それは、

文字数が多い=網羅性がある=SEO対策しやすい



からです。

文字量が多いということは、その記事はどこよりも網羅性があります。

そして、文字数が増えれば検索キーワードもたくさん入れられ、SEO対策に繋がります。

サンツォさんのブログでも言っていますが、文字数は間接的にSEOに影響しているのです。

しかし、3000文字以下の記事が1位に乗り出すこともあります。

そういう記事は、たくさんの情報を簡潔にわかりやく説明し、情報を網羅しているということです。

スポンサーリンク

文字数が多くても上位表示されない記事とは

文字数が多くても上位表示されない記事とは

文字数の多い記事は、ランキング上位に行きやすいと説明しましたが、必ずしもそうではありません。

文字数が多くても評価されない記事の特徴
  • 同じことを言っているだけで中身がない
  • ドメインパワーが弱い
  • リライトやコピペだらけで情報が浅い
  • ビッグキーワードを狙っている

少し前までは、文字数が多い記事ほどGoogleに評価されやすくなっていました。現在は改良され、記事の質が重要視されています。

ドメインパワーについては、コンテンツを増やしたり地道にブログを更新していくしかありませんが、ほかのものは記事の中身に問題がありそうですね。

たしかに、文字数の多い記事は、キーワードが盛り込みやすくSEO対策になります。

また、無駄なことが一切書かれていません。

必要な情報だけを取り出し、どこよりも質の高い情報を取り扱っています。

しかし、文章を増やしただけの記事は、いくらキーワードを盛り込んでも、Googleに中身のない記事として見られます。

それが、文字数が多くても評価される記事との決定的な違いです。

記事の文字数を増やしたいときは?

記事の文字数を増やしたいときは?

ブログに決まった文字数はありません。

しかし、極端に文字の少ないブログは、ほとんど読まれません。

ただのブログなら文字数を気にしなくてもいいのですが、アフィリエイトとなるとある程度の文字量が必要です。

では、記事の文字数を増やす方法をご説明します。

情報をもう一度集めなおす

文字数が少ないのは、情報収集不足かもしれません。

もともと情報自体が少ないテーマなら、ライバルも少ないのでそのままでいいでしょう。

しかし、ビッグキーワードを狙ったライバルの多い分野では、情報量が命になってきます。

ライバルの多い分野は、それだけ多くの方の関心が寄せられています。

そのため、ほかの記事にも負けないくらいの網羅性とオリジナリティが必要になるのです。

その記事は、網羅性がありますか?
ほかの記事と同じような内容になっていませんか?



思い当たる節があるなら、すぐにでも情報を集めましょう。自分で体験するのもいいですね。

体験談を書けばオリジナリティが出ますし、自然と文字数も増えますよ。

どうしても文字数が増えない。それは不得意ジャンルだよ

うまく書けなかったらすっぱりと諦めて、次の記事を書きましょう。

情報収集しても、思ったように文字数が増えなかったら、そのジャンルはあなたには不向きだったのでしょう。

私はライターをしていたときに、ある芸能人の記事について書いていました。まったく興味のない分野だったので、苦労して書いた記憶があります。

人には得意不得意があります。好きだから得意になるわけではありません。

私はアニメが大好きですが、いざ記事を書こうとするとネタが浮かばなくて毎回悩んでいます。

好きだから得意の記事になるのではなく、書きやすい記事が得意になるのです。

書けないと思ったら、その記事は自分に向いていなかったと思ってあきらめましょう。

なんなら、新しいジャンルに挑戦するのもアリです。

せっかく書いた記事をお蔵入りするのは辛いですが、それよりも自分が書きやすいと思う記事を書いてください。

そうすれば、文字数はあとから付いてきますよ。

結局、ブログは何文字がいいの?少なかったらリライトすればいい

最適な文字数は?少ないと思ったらリライト

実際のところ、ブログは何文字書けばいいのでしょうか?

やまはな
やまはな

初心者の目安はやっぱり1000文字
文章に自信がある人は3000文字
プロは5000文字以上かな


こんなこと言っていますが、あくまで目安です。1000文字以下でも問題ありません。SEO効果が少ないだけです。

アフィリエイトブログとしては致命的ですが、最初からランキング上位に入れる人はほとんどいないので、まずは記事をたくさん投稿しましょう。

そして、投稿した記事の文字数が少ないと思えば、リライトしましょう。

リライトとは、既存の記事をユーザーが満足するコンテンツに書き直すこと。見出しを増やしたり、逆にいらない情報を消したり、キーワードを盛り込むことでSEO対策を強化する。

ブログは改善していくごとに、進化していきます。リライトしても文字数が増えなかったら、その記事はその量が正解ということです。

まずは文字数にとらわれず、自分の好きなようにブログを書きましょう。

まとめ:文字数を目的にしないように

文字数を目的にしないように

初心者にありがちなことですが、1000文字書くことを目標にしないでください。

私も無意識にそうなってしまいますが、ブログはあくまで相手の悩みを解決するための情報を伝えるものです。

文字数が多いから、読まれるのではありません。ブログに必要なのは、網羅性とオリジナリティです。

たとえ文字数が少なくても、ランキング上位に表示されていれば、そのブログはオリジナリティがあるということです。

まずは、いい記事を書くことから始めましょう。目的さえ見失わなければ、結果はおのずとついてきますよ。

コメント