副業/仕事

クラウドワークスの手数料って高すぎじゃない?節約法を紹介

クラウドワークスから手数料を取られないためには?

子育てが落ち着いたから、そろそろ仕事をしたい。
会社の収入じゃ家族を養えないから、副業を始めたい。

そんな方が多くなってきました。

今回は、クラウドワークスの手数料についてご紹介していきます。

この記事はこんな人におすすめ
  • 手数料を取られない方法を知りたい人
  • 手数料が取られる理由を知りたい人
  • 副業を考えている人

副業もいろいろな形がありますが、私のおすすめは在宅で仕事ができるクラウドソーシングです。

なかでも、クラウドワークスは案件が多くて稼ぎやすいです。仕事のジャンルもさまざまで、自分で好きな案件を選べます。

しかし、クラウドワークスは1案件ごとにシステム手数料を取られてしまうんです。

手数料を取られないようにするためには、どうすればいいのでしょうか?

この記事を読んで、少しでも収入を増やしましょう。

スポンサーリンク

クラウドワークスの手数料

クラウドワークスの手数料は?

クラウドワークスは、1案件の報酬金額で手数料が変わります。

報酬の幅 手数料(%)
20万円超 5%
10万円超~20万円以下 10%
10万円以下 20%
タスク案件 20%

たとえば、5万円の仕事を請け負ったとします。

それを、上記の手数料(%)でいくら取られるのか計算してみましょう。

20万円越の場合:50,000円×5%=2,500円
10万円超~20万円以下の場合:50,000円×10%=5,000円
10万円以下、タスク案件の場合:50,000円×20%=10,000円

20万円以上の仕事を請け負った方が、お得なのがわかりますね。

しかし、高単価の仕事をバンバン取ればいいと思っても、そう簡単には行きません。

20万円以上の仕事となると、プログラミングやWebデザインといった専門の分野でないと案件自体がないんです。

さらに副業となると、普段の生活の開いている時間に作業することになるので、比較的ハードルの低い10万円以下の仕事を請ける人が多いと思います。

ということは、副業でクラウドワークスを始める人は、必然的に手数料が20%取られることになるでしょう。

スポンサーリンク

手数料は絶対に取られる

手数料を取られない方法はない

残念ながら、手数料は必ず取られます。

クラウドワークスは、直接契約にかかる手間を肩代わりしているので、どうしても仲介料として手数料を取られてしまうんです。

そして、この手数料がクラウドワークスの収益になるんですね。

いずれにしろ、クラウドワークスの手数料は必ず取られます。

手数料を取られるのが嫌な方は、ハンドメイドや転売といった違う副業を行った方がいいと思いますよ。

手数料を取られていない人は直接契約している

直接契約している人がいる

クラウドワークスは、直接契約を禁止しています。

やまはな
やまはな

なんのために、クラウドワークスが仲介業しているかって話になっちゃうよね


しかし、稼いでいる人の中には隠れて直接契約している人もいます。もしくは、クラウドワークスで得意先ができて独立したかです。

私も直接契約の話を持ち掛けられたことが2回ありますが、すべて断りました。そのうちの1つは、直接契約するのが前提で話を進めてきたので違反報告をしています。

契約画面違反報告ボタン
契約画面で違反報告をするところ
引用サイト:クラウドワークス
やまはな
やまはな

そのクライアントは、しばらく見なくなったけど、また仕事を募集していたよ


直接契約するのは自由ですが、クラウドワークスでは禁止行為であることを忘れないでください。

なにか起きても、責任はすべて自分で負うことになりますよ。

手数料を節約する方法

手取りを減らさない方法

手数料が取られるのは仕方ありません。必要な経費として受け入れましょう。

では、せめて手取りを節約する方法はないのでしょうか?

節約する方法はあります。私もこの方法を使って、手数料を節約していました。

節約法1:振込先を楽天銀行に設定

報酬の振り込み先を、楽天銀行にしましょう。お金が自分の口座に振り込まれると、振込手数料を取られますよね。

振込手数料についての説明
引用サイト:クラウドワークス

クラウドワークスから楽天銀行以外への振り込みは、一律500円(税込)の振り込み手数料がかかります。

いっぽう、楽天銀行への振り込み手数料は100円(税込)です。

400円も差額があるんですよ。毎月振り込まれることを想定すれば、

楽天銀行の場合:100円×12か月=1200円
楽天銀行以外の場合:500円×2か月=6000円
6000円(楽天以外)-1200円(楽天)=4800円(差額)

ほかの銀行へ振り込まれると、1年間で6000円も手数料を取られてしまうんです。ですが、楽天銀行にすれば1年で4800円もの節約ができます。

そのため、振り込み先は楽天銀行にしましょう。

口座を持っていなくても、楽天会員であれば、そのアカウントで簡単に開設できます。私は会員登録をしていませんでしたが、すぐに開設できました。

デビットやクレジットとしても使えるので、入出金だけでな通販や買い物などいろいろな場面で使えますよ。

節約法2:振込金額をキャリーオーバー式に変更

クラウドワークスには、3つの出金方式があります。

出金方式の種類


・クイック出金(随時出金方式)
合計報酬金額が1000円以上になると、自動的に振り込まれる。

以前は振り込み手数料が出金額の3.5%取られていたが、2020年2月3日から5%に引き上げられる。

・5万円以上出金方式
報酬金額の合計が5万円いくと、自動的に振り込まれる。

・キャリーオーバー方式
報酬の振り込みを自動的に次回に持ち越すことができる。振り込むときは、クイック出金か5万円出金に切り替える必要がある。

クイック出金は、どこの銀行に振込設定していても出金額から5%取られます。

さらに、お金が1000円溜まれば自動的に振り込まれるので、ちょうど1000円溜まると

1000円×5%=50円(手数料)
1000円-50円=950円(振込額)

しか振り込まれないのです。こんな少ない額を貰われても嬉しくないですよね。

また、クラウドワークスはその月の15日と末日に報酬が振り込まれるので、クリック出金にすると1か月で2回も手数料を取られてしまうのです。

なので、仕事や家事の片手間で働きたい場合は5万円出金方式がおすすめです。

半月で5万円稼げるようなら、キャリーオーバー式でもいいでしょう。欲しい額まで貯めてから出金方式を切り替えればいいので、手数料は1回しかかりません。

やまはな
やまはな

振り込まれたあとは、またキャリーオーバー式にするのを忘れないでね


ただし、キャリーオーバーされた金額は6か月後には消えてしまうので、期日には気を付けましょう。

節約法3:1案件20万円以上の仕事を取る

最初のほうで説明しましたが、20万円以上の仕事を取ると手数料が5%取られます。20%取られるより断然いいですよね。

クラウドワークス初心者におすすめの案件は、データ入力やWebライターなどですが、1案件10万円以下のものばかりです。

もし、プログラミングやデザイン系のスキルを持っているなら、そちらの仕事を取るといいでしょう。持っているスキルは、使わないともったいないですからね。

とくにプログラミングは、案件数は少ないですが1案件で10万円以上稼げたりします。

なので、できるなら20万円以上の仕事を狙ってみるのもいいでしょう。

節約法4:タスク案件ばかりやらない

タスク案件は実績を積むのにいいですが、低単価のものしかないので1か月5000円も稼げません。

お小遣い稼ぎにはいいのでしょうが、生活費の足しにしたいと考えている方には不向きです。

そのため、タスク案件ばかりこなすのは止めましょう。

ほかのサイトで

「実績を積むためにタスク案件をこなしましょう」

と書かれているものがありますが、私はプロジェクト案件でスキルと実績を積むほうがいいと思っています。

たしかに、実績が多いとクライアントがワーカーのプロフィールを見て「この人は安心して任せられる」と思ってもらえます。

ですが、実際に仕事をしてもらって、質の低いものを出されれば継続案件に繋がりませんし、クライアントに低評価を付けられてしまうかもしれません。

だったら、実績を積むのは遅くても、一つずつ丁寧に仕事をこなしてスキルを積んでいくほうが効率がいいと思います。

私はタスク案件は2つだけ行って、あとはすべてプロジェクト案件をこなしました。現在は、100件以上の実績を得ています。

スポンサーリンク

クラウドワークスの手数料は高いの?それとも安い?

高いの?安いの?

クラウドワークスの手数料について、「高い」や「妥当だろう」と2つの意見に分かれていますが、私は妥当だと思っています。

ただ、せめて手数料は一律10%くらいにしてほしいですね。

シュフティというクラウドソーシングサイトがありますが、そちらはすべて一律10%です。ですが、シュフティは高単価の案件が少ないのがネックですね。

サイト名から連想される通り、主婦向けの仕事が多いので副業したい方には向いていないでしょう。

私もクラウドワークスを使用していましたが、1案件2,000円以下のものが多かったですし、それから20%取られるのは苦しかったです。

「それなら直接契約すればいいじゃない」っていう話になりますが、契約書や請求書の作成、契約までのやり取りを考えるとクラウドソーシングを使った方がいいんですよね。

とくに、私のようなコミュ障には最適です。自宅で稼げるっていうのも、とても魅力的ですしね。それに、すべてメールのやり取りで完結するのも嬉しいです。

クライアントからすれば、いいワーカーは直接契約したいと思っていそうですけどね。

ただ、ワーカー側からすると、副業としてならクラウドワーカーで十分収入は得られますし、直接契約の手間を考えるとやはり妥当なのかなと思います。

まとめ:小さな節約をこなしていくしかない

節約するしかない

クラウドワークスの手数料は、絶対に取られます。

そのため、振込手数料や出金方法を変えて小さな節約をしていくしかありません。

しかし、ひとつのお金は小さいものでも、長い目で見れば結構な金額になるんですよね。

手数料が高いという意見もありますが、直接契約するまでの時間を考えたら必要な金額でしょう。

とりあえず、高いと思うかは実際にやってみないことにはわからないので、一度登録してみるといいですよ。

コメント