雑記

同人誌で利益を出してもOK?噂のダウンロード販売についても考察

その作品が好きで、その作品が好きな人と趣味を共有したい。

そんな思いで同人活動をする方が多いでしょう。私は人の多いイベントに行けないチキンですが、同人活動良いなと思います。

ですが、ここでちょっと疑問。「同人活動で利益は出て良いの?」って話です。

やはり既定の作品を使って商品を売るわけですから、著作権が掛かります。ファンの中には、「黒字になりたいと思う方がおかしい」と思っている方もいます。

たしかに、その作品を心の底から愛している方からすれば、赤字でも全く問題ないでしょう。

しかし、誰だってお金は欲しい。少しでも利益が欲しいと思うことは、間違いではないと思います。

それで上手くいくかは本人の技量です。




また、最近では「BOOTH」といった、同人通販サイトがあります。このサイトは、販売者と購入者の仲介サイトみたいなものです。

とらのあな」などとは異なり、売り上げのほとんどが自分の手元に来るという、利益出まくりのサイトです。

「同人誌を売りたい。でもイベントに出す勇気はない」という方には、最適なところでしょう。


では、仮に黒字になったとして、訴えられるのでしょうか?

まずは、その作品が二次創作について言及しているかどうかを確認しないといけないですね。

それに抵触していれば、訴えられるでしょう。だいたいの作品は、黙認されています。


最近では、BOOTHで同人誌をダウンロード販売しているサークルもあります。

こちらはデータ販売なので、紙代や梱包代など、諸々の諸経費が掛かりません。そのため、完全な黒字となります。

「その諸々の経費が抜かれるから、同人活動が黙認されている」という声がある以上、ダウンロード販売はアウトなどと言われています。


「原作が本気で好きなら、こんな黒字が出ることするな!」という声もあります。

これはあくまで私の個人的な意見ですが、同人活動自体がアウトです。ダウンロード販売がアウトなら、同人活動をすること自体どうなのかなという話になります。

黒字だろうが、赤字だろうが同人活動アウトです。


だってグレーゾーンとか言われていますが、厳しい視点で見れば立派に著作権侵害していますからね。(あくまで私個人の意見です

ただ、それだけその作品が好かれているということで、著作権側が黙認しているだけです。



つまり、ダウンロード販売も、紙媒体販売もたいして変わらないということです。結局、著作権が関わります。

いずれ訴えられる可能性があります。

では、訴えられる金額の目安はいくらなのでしょうか?

やまはな
やまはな

一概には言えないけど、利益20万円を越えないようにすればいいと思う


利益が20万円以上出ると、確定申告が必要になってきます。この売り上げが大きくなればなるほど、訴えられる可能性が高くなるわけです。

だって、それだけ同人界隈で有名になっているわけですから。著作権にグイグイ食い込んでいます。

まあ、1年で20万円の利益が出ても、それで生活はできません。

同人活動で生活できるレベルまで売り上げを出したら、訴えられるんじゃないですかね。(あくまで私の憶測です)

つまり、同人活動の黒字の目安は20万円より下。と考えた方が良いでしょう。

それでも、お小遣い程度の売り上げでも、訴えられる可能性はゼロではありませんが・・・。

そこは、自己責任でしょう。

スポンサーリンク

まとめ:利益を求めるのは悪いことではない

いろいろグダグダ書きましたが、お金が欲しいと思うことは悪いことじゃありません。お金がなきゃ、好きな漫画もグッズも買えませんからね。

  • 赤字を出したくないと思うのは悪くない
  • ダウンロード販売はダメ以前に、同人活動がアウト
  • 訴えられたくなければ同人活動はしないように
  • ずべては自己責任

私も、同人作家さんの作品は好きです。その作品を見て、原作がますます好きになることもあります。

ただ、今回はそういう感情を抜きにして、客観的に検証してみました。

この記事は、誰かに私の意見を聞いて欲しくて書いています。

これから同人活動したい人、今している人、それを見ている人、私たちがしているのはそういうことなんだよ、というのが伝わっていただけたら良いなと思います。

コメント