アニメ/マンガ

アニメ『富豪刑事』第1話のあらすじ・感想|超爽快!神戸の華麗なる事件解決に脱帽!

神戸大助が警察手帳を見せている
©筒井康隆・新潮社/伊藤智彦・神戸財閥

2020年4月9日にノイタミナで放送開始の、アニメ『富豪刑事Balance:UNLIMITED』。

今回は、アニメ『富豪刑事』第1話の感想・あらすじをお伝えします。

この記事のざっくりとした内容
  • 『富豪刑事』第1話のあらすじ・感想
  • 第2話はどうなるのか?


これは、人の常識が覆るアニメです。

本作は40年前に書かれた小説が原作ですが、こんな作品がそんな昔にあったことに驚きました。

アニメ『富豪刑事』が気になる方、見逃した方、ぜひ読んでみてください。

本記事には、ネタバレが含まれま

スポンサーリンク

『富豪刑事』のおおまかなあらすじ

TVアニメ「富豪刑事 Balance:UNLIMITED」本PV

超大金持ちの神戸家の御曹司・神戸大助は、警察庁に赴任した。

そこで配属された部署は、現代犯罪対策本部準備室。通称「現対本部」。

警察内でも、厄介ごとを起こした人間だけが送り込まれる部署だった。

人の命もお金で判断する大助に、バディとなった加藤春は猛反発。

何かもが違う2人の前には、数々の難解な事件が立ちはだかる!


原作は、作家の筒井康隆氏が書かれたミステリー小説『富豪刑事』です。

1978年に新潮社で発売され、2005年には深田恭子主演のドラマとして放送。第2シーズンまで、制作されます。

そして、40年の時を越えて、2020年にアニメ化となりました。

アニメ『富豪刑事Balance:UNLIMITED』公式サイト

『富豪刑事』第1話のあらすじ

加藤春がインカムで何かを聞いている
©筒井康隆・新潮社/伊藤智彦・神戸財閥

ピアノを弾く神戸の姿からスタート。

すぐに現在に変わり、書類を運ぶ加藤の横を数人の刑事が横切ります。

加藤は後から来た星野に、何があったのか聞きますが教えてくれませんでした。

現対本部に戻った加藤は、警備部に人手が足りないということで、亀井と応援に行くことに。

その合間に、飛行機に乗って日本に来る神戸の姿が。



車で移動する加藤。いかにもお金持ちな車に乗っている神戸と、すれ違います。

クラシックカーフェスティバルの迷子案内要員として駆り出された加藤は、走る星野の姿を見つけます。

急いで追いかける加藤。

彼のインカムから、爆弾犯が銀座を逃走していることを知ります。直後、犯人が逮捕されたと情報が入ります。

しかし、犯人の車には、まだ爆弾がありました。

その近くで、宝石泥棒をしようとしているカップルの姿が。

なぜフェスティバルを中止にしなかったのか詰め寄る加藤ですが、どうやら国から横やりが入ったそうです。



場所は、総監室。

神戸と話している警察庁長官の元に、爆弾犯逮捕の電話が。

一方、宝石泥棒をしたカップル。

店を出るときに、警察官にぶつかります。駆け寄る亀井に女性の方が銃を撃ち、彼の肩に一発当たります。

カップルは、路駐されていた車を盗んで逃走。銃もペイント弾でした。

爆発まで、あと25分。

そこに、ほかの車を押しやりながら、向かってくる車の姿が。

親子を引きそうになりますが、何とか避けることに成功。見るからに高そうな車は、柱に当たり故障します。

車から出てきたのは、神戸でした。



カップルが乗り込んだ車は、爆弾犯の車でした。そんなことを知らない2人は、警察に追いかけられます。

神戸は、ちょうどそこにいたアブラ市長国の王子の車を10億で買い上げ、そのままどこかに向かいます。

加藤は、その車に乗り込みました。

神戸は、ヒュースと呼ばれた人工知能?(神戸が言うには執事)と話しながら、爆弾が積まれた車を追います。



渋滞に巻き込まれた星野の車。信号機が故障し、渋滞になってしまったようです。これも神戸の仕業でした。

爆発まであと4分。

知らず知らずのうちに、ハチドキ橋に誘導されたカップル。なんと車がいるにも関らず、橋が上がってしまいます。

慌ててバックで戻ろうとしますが、神戸が下がってこないように車で押し上げます。

どうやら、爆弾を川に落とす気のようです。

彼氏は逃亡。加藤は車に乗り込み、川に落ちやすいようにハンドルを操作します。

彼女は、その間に逃げ延びました。

そして、車は川の中へ。加藤もギリギリ脱出し、爆発に巻き込まれずに済みました。

しかし、橋からは転落。それを、ただ見ているだけの神戸。



翌日。

神戸が、現対本部に正式に配属されます。

屋上のヘリポート。昨日の行いについて詰め寄る加藤。彼に、いくらだと聞く神戸。

加藤は怒りを露わにしました。

最後に、今回の被害総額13億6980万円という額が出てエンディングです。

スポンサーリンク

『富豪刑事』第1話を見た感想

富豪刑事第1話を見た感想

『富豪刑事』第1話の感想を言っていきます。

いやあ、思ったよりも大胆な解決法。しかも、金額が桁違い。庶民には理解できない世界でした。

このアニメ、人気になりそうです。さすが、ミステリー小説が原作の作品ですね。


オープニングがエロ格好いい

お金×刑事が合わさった作品なだけあって、オープニングは闇がありつつ、明るさもあるかんじです。

やまはな
やまはな

絵の雰囲気が、サイコパス3に似ているかも


オープニングの合間に、女性の下着姿が映るのがセクシー。これは何度もリピートしてしまう。

また、原作の表紙が出てきたのもよかったです。小説の表示を車で破って出てくる。原作を越える、という意味に見えますね。


現代風にアレンジされている

原作は、40年前の小説が元になっているので、スマホなんてものはありません。

しかし、本作にはスマホで写真や動画を撮る人が登場しています。

また、サングラスを掛けただけで、口座にお金を振り込む手続きなどもできないでしょう。

やまはな
やまはな

これは、多分5Gも通っているな


街並みは緑があり、昔の感じを残しています。

しかし、やはり現代の街並みも彷彿とさせていて、絶妙な比率で設計がされています。

ヒュースという執事が出てきましたが、おそらく人工知能だと思います。

事件解決の手際が、人間には不可能としか思えませんでした。

また、事件の解決方法がかなり大胆なので、40年前の作品でも全く見劣りしません


被害総額13億6980万円!一生遊んで暮らせるよ!

本来の被害総額は、この半分だそうです。2倍にしたのはすべて、神戸の判断です。お金はすべて彼の口座から支払われています。

1話目にして13億。

最初だから、この額で話を作ったのか。
それとも、話が続くにつれ、被害総額が増えていく仕組みなのか。

私はもっと少ない額。それこそ1億円とかを想像していたのですが、初めから飛ばしていきますね~。

振り回せる加藤は大変だろうけど、見ている側からするといっそ清々しい。

誰も橋を上げるなんてできないし、信号機の捜査なんてできないもの。

それを、ポンっと出せちゃう神戸家。一体、どれだけお金があるんだ?


神戸の過去とは?

アニメ最初の一人語りで、神戸は両親がいて、幸せな幼年時代で育ったと言っています。

しかし、ある日を境に亡くなってしまったと思われます。

それが、お金持ちながら刑事になった理由でしょう。

おそらく彼は、両親が亡くなった事件の真相を調べるために、刑事になったのではないでしょうか?

もしくは、お金でしか物を測れなとしても、人を守りたいという思いがあるのかもしれませんね。


まとめ:『富豪刑事』第2話はどうなる?

『富豪刑事』第2話はどうなる?

予想以上に面白かった本作。

原作を読んだことはありませんが、しっかりアレンジもされていたので、時代錯誤を感じず最後まで楽しく見られました。

第2話も大胆不敵な行動で、事件を解決してくれそうですね。

今回の事件を機に、加藤が神戸と必然的にコンビを組むことになりそうです。

加藤がどうして現対本部に移動になったのか、その辺も早く明かされてほしいですね。


アニメ『富豪刑事』は、4月9日からdアニメストアFODで配信されています。

また、4月12日からは、U-NEXTNetflixなどでも配信を開始。アニメだけでなく海外ドラマや映画、本も読めるU-NEXTです。

深田恭子主演のドラマ『富豪刑事』も見れますよ。

コメント