アニメ/マンガ

アニメ『numer24』キラキラ青春ラグビーアニメだと思ったら予想の斜め上をいった

number24
©number24

2019年はラグビーワールドカップが日本で開かれ、日本チームが初の準々決勝に進出しました。2020には、東京オリンピックで7人体制のラグビー・セブンズが開催されます。

そのこともあり、世間はラグビーに注目が集まっていますね。

そんなラグビーを題材にしたアニメが、2020年1月から放送開始している『number24』です。

今回は、『number24』について紹介していきます。

女性向けの絵柄に惹かれ、なんとなく見てみましたが、意外にも中身がリアルで驚きました。

やまはな
やまはな

「単調なラグビーアニメかと思ったら、結構おもしろかった
ぜひ見てほしいアニメ」

この記事はこんな人におすすめ
  • 『number24』が気になっている人
  • 見逃し配信をしているのか?
  • どんなところが魅力なのか知りたい人
スポンサーリンク

『number24』のあらすじ

number24
©number24

バイク事故に巻き込まれ、半年間入院生活を送っていた柚木夏紗。大学に復帰した夏紗は、久しぶりにラグビー部に顔を出す。

歓迎を受けた夏紗だったが、彼は事故の後遺症で二度とラグビーが出来なくなっていた。

「それでも、ラグビーの傍にいたい」

夏紗はマネージャーとしてラグビー部に残ることを決意する・・・

本作は、関西大学のラグビー部を舞台に、リーグ戦で1位を目指していく話です。

ムービック規格の、オリジナルアニメです。制作はピー・アール・エーがたずさわり、2020年1月から放送が開始されています。

『number24』に登場するキャラクター

number24の登場キャラクター

『number24』のキャラクターについてご紹介します。キャラクターが多すぎるので、ここでは本作で重要なポジションのキャラクターをあげています。

柚木夏紗(CV:河西健吾)

柚木夏紗(CV:河西健吾)
©number24

背番号:元10番
現在のポジション:マネージャー
堂紫社大学1回生

本作の主人公。ラグビー部のエースとして堂紫社大学に入学しましたが、バイク事故に一緒に巻き込まれ頸椎ヘルニアになってしまいます。

頸椎ヘルニアとは、頸椎の間にある椎間板が破れ、脊髄を圧迫すること。脊髄は脳からの信号を手足に伝達する役割があり、頸椎を通っています。そのため、脊髄が圧迫されると、しびれや肩こり、頭痛といった症状を引き起こします。

性格は、毒舌でドS。誰よりもラグビーを愛しています。

本作は、夏紗の復学後から物語がスタートします。本来は2回生なのですが、入院生活が長かったために、1年留年することになりました。

真行寺清一郎(CV:鈴木崚汰)

真行寺清一郎(CV:鈴木崚汰)
©number24

背番号:15番
ポジション:フルバック
堂紫社大学2回生

夏紗の幼なじみ。性格はビックリするぐらい寡黙で、表情の変化がない。

一見冷たい印象を持ちますが、夏紗のことは親友としてとても心配しています。好きなものは、夏紗の作ったとり天だそうです。

上丘伊吹(CV:柳田淳一)

上丘伊吹(CV:柳田淳一)
©number24

背番号:20番(4話時)
ポジション:バックス、リザーブ
堂紫社大学2回生

夏紗と清一郎にラグビーの楽しさを教えた人。普段は、大口をたたくわりにヘタレな面が目立ち、夏紗には頭があがりません。

ただ、ラグビーに関しては天才的なプレーを見せ、チームからの信頼は厚かったようです。現在は、ある理由からラグビーを止めています。

好きな食べものは、夏紗の手料理だそうです。

本郷 円(CV:斉藤壮馬)

本郷 円(CV:斉藤壮馬)
©number24

背番号:15番
ポジション:フルバック
黄風院大学4回生

夏紗の高校時代の先輩。堂紫社大学のライバル校である、黄風院大学に通っています。通称『バックスの創造主』と呼ばれ、恐れられています。

本郷主鷹(CV:石川界人)

本郷主鷹(CV:石川界人)
©number24

背番号:8番
ポジション:フォワード(ナンバーエイト)
黄風院大学3回生

夏紗の高校時代の先輩。円の弟でもあり、息吹となにやら深い因縁がある様子。通称『フォワードの破壊神』と言われています。

スポンサーリンク

『number24』のここが魅力!

number24の魅力

ここでは、『number24』の魅力をあげていきます。女性なら嬉しい萌え要素がたくさんありますよ。私もそれにノックアウトされた人間です。

魅力1:エンディングが毎回「夏紗&〇〇」のデュエットになっている

オリジナルアニメ「number24」エンディング「君といるなら」/柚木夏紗&真行寺清一郎

最近のアニメは、キャラクターがエンディングを歌っているのが増えてきましたよね。

本作も、1話ごとにエンディングをキャラクターが歌っています。ひとつ違うのが、毎話「夏紗&〇〇」で歌われていること。

だいたいは、毎回違う人がユニットを組んで歌われることが多いです。

本作では、夏紗がラグビー部のメンバーの誰かとデュエットを組んで歌っています。

やまはな
やまはな

声優の河西さんが、大変そうだね


さらに、エンディング中はキャラクターとの成長がイラストで流れます。

その絵が繊細に描かれていて、主人公の小さいころまで出ているんです。

その絵が毎話違うので、エンディングが終わるまで見続けてしまうでしょう。

魅力2:主人公のラグビー愛が泣ける!

和気あいあいとした堂紫社大学ラグビー部
©number24

主人公の夏紗は、事故の後遺症で頸椎ヘルニアを負ってしまいます。

選手生命を絶たれ、立って歩くことすらままならないほどの、苦しいリハビリの毎日。消えてなくなりたくなるほどの絶望が襲ったことでしょう。

しかし、

「選手としてコートに立てなくても、ラグビーをしていたい」

その一心で苦しいリハビリに耐え、半年間の入院生活でようやく復学します。そして、マネージャーとしてラグビー部に復帰するのです。

私、本作を前情報なしで見たので、視聴するまではよくある青春アニメだと思っていました。

しかし、見てみると意外と奥が深くていつの間にか最後まで見ていました。

部内の人間関係も、本当にありそうな関係性になっていて、奥が深い感じがします。

唯一言えるのは、みんなラグビーが好きということ。

とくに、夏紗がラグビーに懸ける思いには、事故のこともあり深い共感を得られるでしょう。

魅力3:ギャップ萌えが多いキャラクターたち

寝ている伊吹
©number24

見た目通りのキャラクターもいますが、ギャップのあるキャラクターが多いです。とくに私が驚いたのは、夏紗です。

可愛い顔をして毒舌キャラというのは見たことありますが、本作はキラキラ笑顔が眩しい主人公だと思っていたんです。

・・・180度違いました。半目で人を睨みながら先輩の伊吹に毒を吐く姿は、人の心を抉ります。

そのほかにも、きつい性格かと思いきやサラッと京都弁で毒を吐く人や、ラグビーしている顔には見えないのに体躯はがっちりしていたり、ギャップ要素が満載です。

魅力4:複雑な関係性

喧嘩腰の呉羽小鳥と都留靖也
©number24

本作は大学のラグビー部が舞台ということもあり、プロも視野に入れている人が多く、小さいころからラグビーに触れているキャラクターばかりです。

高校の先輩後輩や、幼なじみ、同じラグビーチームに所属していたなど、それぞれどこかで交流があります。

そのためなのか、昔の出来事と今の出来事が積み重なって部内の関係性はいいように見えますが、ギスギスした雰囲気も流れています。

この微妙なラインで練習を積んでいるキャラクターたちが、どのようにリーグ戦を勝ち抜いていくのかが、本作の魅力の一つと言えるでしょう。

『number24』を見るならHulu

今から『number24』を見たい人におすすめなのが、動画配信サービスのHuluです。

Huluの特徴
  • 月額1,026円(税込)
  • 2週間のトライアル期間
  • 6万本以上のアニメやドラマ、映画が見放題
  • ゲーム機やパソコン、スマホでも見られる
  • ダウンロード機能があるからどこでも通信制限を気にせずに見られる
  • アカウント1つで、最大6つもプロフィールが登録できる
  • HD画質で見られる

じつは、Huluは『number24』を独占配信しています。U-NEXTやGYOAなどの配信サービスでは見られないんですよ。

Huluは、日本のアニメと日テレのテレビドラマに強いです。さらに、期間限定の独占配信もしています。

2週間はトライアル期間として無料で見られるので、おすすめです。

まとめ:高評価まではいかないがいいアニメ

絶賛ではないかなでもいいアニメ

大作とまではいきませんが、つまらなくはありません。むしろ、面白い作品です。

とくに、2020年はラグビーが注目されています。

女性向けアニメなので、ラグビーに興味のない女性でも楽しんで見られるできるしょう。

私は、まったくラグビーのことはわかりませんが、本作を見て興味が出てきました。

まだ見ていないかた、今からでも遅くないのでぜひ見てみてください。

コメント