美容/健康

敏感肌におすすめの化粧品・スキンケアはどれ?選び方のコツを紹介

敏感肌におすすめの化粧品・スキンケアはどれ?選び方のコツを紹介

最近の化粧品は、可愛いものが多いですよね。でも、

あれも買いたい!
これも買いたい!

と思っても、敏感肌だとそうはいきません。

今まで化粧をしてこなかった方でも、化粧水や洗顔で肌が荒れてしまった方もいるのではないでしょうか?

やまはな
やまはな

初めて買ったスキンケアが合わなくて、眉間が赤くなったことがあるよ
(当時中学生、恥ずかしかった)


そこで今回は、敏感肌でも自分にあった化粧品・スキンケアを選ぶコツや、おすすめのプチプラコスメをご紹介します。

今回紹介する商品は、敏感肌の私が実際に使ってみて良かった物なので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

自分に合った化粧品・スキンケアを選ぶコツ

「化粧品・スキンケアを選ぶコツ」の文字

敏感肌の人が化粧品を選ぶコツは、ずばり4つ!

  • 敏感肌用か
  • 低刺激処方されているか
  • 添加物が含まれていないか
  • 成分表は必ずチェック

敏感肌の人に限りませんが、人によって化粧品の合う合わないは必ずあります。

それが、敏感肌の人は普通肌の人たちよりも過敏なんです。

そのため、普通の人なら少し肌が荒れてしまう物でも、赤くなったりかゆくなったりしてしまいます。

上記の4つを実践すれば必ず良い物に出会えるとは限りませんが、行った方が肌トラブルのリスクが減ります。

やまはな
やまはな

私も実践してみたら、肌荒れがかなり無くなったよ

クレンジング・洗顔の選び方

「クレンジング・洗顔の選び方」の文字

どちらも、顔の汚れを洗い落とす大事なものです。そのため、低刺激処方や敏感肌用と書かれたものを選ぶようにしましょう。

また、肌への刺激が強い

  • 合成着色料
  • 香料
  • アルコール
  • 防腐剤

の成分が含まれていない物を選んでください。

また、クレンジングは界面活性剤の少ない物を、洗顔は合成界面活性剤の少ない物を選んでください。

これらは、肌に害があるというわけではありませんが、強い成分が含まれていると肌へ大きな負担をかけます。

そのほかにも、ドラッグストアなどに行くと「無添加」と書かれた物が売られていますが、それらすべてが良いとは限りません。

私は過去に、ドラックストアで無添加の洗顔を見つけて

やまはな
やまはな

あ、これ無添加じゃん買う ・・・かゆい!


ってなりました。

無添加と書かれている物は、防腐剤や着色料などの化学物質が含まれていないだけで、化学物質で作られた材料が少なからず入っています。

そのため、使う人によっては、肌に良くない成分が入っているかもしれないのです。

それは「オーガニック」も同じです。

オーガニックは、有機栽培された物を原材料に使用しているというだけで、添加物が入っていないということにはなりません。

もしかしたら、植物アレルギーを起こしたり、添加物に反応して、湿疹やかゆみなどが出るかもしれないのです。

そのため、無添加だから、オーガニックだからで選ぶのではなく、強い刺激のある化学物質が含まれていないか成分表で確認するようにしましょう。

オルビス クリアウォッシュ

ニキビケア用の洗顔フォームです。泡立てやすくて、サッパリとした洗い心地です。

生理周期に着目したシリーズなので、不安定な肌の人にも効果があります。とくに大人ニキビに悩む女性に、打ってつけです。

私は、この洗顔フォームを3年以上愛用していますが、いまだに肌トラブルは起きていません。

無印良品 オイルクレンジング

可もなく不可もなくという感じです。 化粧水なども使ったことがありますが、そちらも特別に良いというわけではありませんでした。

ですが、化粧はしっかり落ちますし、毛穴も汚れもなくなります。

無印良品の商品は、どのスキンケアも合わなかったという人におすすめです。

私は、鼻の毛穴汚れを落としたり、手に着いた化粧を落とすのに使っています。

菊正宗 日本酒のメイク落とし

日本酒を配合した、弱酸性のクレンジングです。低価格で大容量なので、かなり長持ちします。

敏感肌の人にも使えますが、口コミでニキビが酷くなっという意見も出ているので、念のためパッチテストは行ってください。

私は、クレンジングだけこちらの商品を使っています。化粧も落ちて、次の日の肌の状態も良くなるので良いですよ。

洗顔なども出ていますが、そちらは肌に合わなかったので使っていません。

スキンケアの選び方

「化粧水・乳液の選び方」の文字

こちらも、上記と同じように、添加物の含まれていないものを選びましょう。

また、敏感肌の人の多くが乾燥肌なので、保湿成分のあるセラミドヒアルロン酸が入ったものを選ぶと良いですよ。

とりあえず敏感肌用の化粧水・乳液を一通り揃えましょう。何事も使ってみないことには、わかりませんからね。

やまはな
やまはな

私もいろいろ使ってみたけど、いまだに合うのが見つからなくて探している最中です


多くのスキンケア商品には、お試しパックがあります。

なので、お試しパックを試してみて、良かったと思ったら普通サイズを購入してみてください。

オルビス ニキビケア(しっとりタイプ)

付け心地はしっとりしていますが、ペタペタしません。

私はオルビスに出会う前は、酷いニキビに悩まされていましたが、今ではほとんど出来なくなりました。

さっぱりタイプもありますが、乾燥しがちな冬はしっとりタイプがおすすめです。管理人は、年中しっとりタイプを使っています。

ファンケル 敏感乾燥肌ケア

量は少ないですが、何をしてもダメ!という方はこちらを試してみると良いでしょう。

トロッとした使用感ですが、ペタペタする感じはなく、肌を保湿してくれているのが分かります

敏感肌化粧品の王道なので、迷ったらこちらの商品を購入しておくと間違いはないでしょう。

麗白 ハトムギ化粧水

ヒアルロン酸やアミノ酸が含まれており、大容量なのでいくら使っても減りません。

非常にさらさらしているので、手からこぼれやすいのが難点ですが、1000円もしないのでこれくらいならいいかなという感じです。

お風呂上りは物足りない感じがするので、朝起きた時に使用しています。

日焼け止めの選び方

「日焼け止めの選び方」の文字

「やっぱり、SPF50が良いよね~。だって強力だし。数字大きいし」と思っていませんか?

やまはな
やまはな

思った。そして失敗して悲惨なことになった(泣)


日焼け止めは外で運動しない限り、SPF30程度の物で大丈夫です。

むしろ、SPF50は敏感肌の人には強すぎます。

どうしてもSPFが強くなってしまうと、刺激の強いものが含まれてしまうので、毎日はお肌への負担になってしまいます。

選び方としては、「紫外線吸収剤」ではなく、「紫外線散乱剤(ノンケミカル)」の物を選びましょう。

紫外線吸収剤は紫外線を吸収してしまうため、敏感肌には不快な刺激となってしまいます。

その点、ノンケミカルなら紫外線を跳ね返すので、肌への負担が少ないです。

やまはな
やまはな

よく分からなかったら、「あかちゃんも使える」って書いてあるのを買ってみるといいよ!
ノンケミカルじゃなくても、それくらい低刺激処方されているってことだから

マミー マイルドクリアジェル

あかちゃんにも使える日焼け止めです。さらっとした塗り心地で、肌にもすぐに馴染みます。

石鹸で落とせるので、子供の体を洗うときに手間取りません。

日焼け止めの90%が食品成分で出来ており、徹底的に肌に優しい作りをしています。アレルギーテストも実施済みです。

マミーは、SPFがもうひと段階上の、SPF50の日焼け止めも出しています。

試しに買ってみたのですが、私の肌には合わず、少しベタつく感じがしました。

肌に合うから=同じシリーズの強力なのを選んでも大丈夫

にはならないのだな、ということを身に染みました。

NOV UVミルクEX

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めです。顔の下地クリームとしても使えます。さらっとした塗り心地で、伸びも良いです。

浸透性は低いので、塗り直しが必要ですが、日焼け止めを塗るのが苦手な人はこちらを付けてみると良いでしょう。

コスメの選び方

「コスメの選び方」の文字

コスメは、簡単に落とせるものを選びましょう。

ファンデや下地でも、お湯で落とせるものがあるので、そういうものを選んでいくと良いです。

また、目の周りは肌が薄く、肌のトラブルも多いです。

やまはな
やまはな

肌に合わないアイライナーとか使うと、目の周りが熱くなってくるんだよね


そのため、アイシャドウやアイライナーといった目の周りに使うコスメは、パッチテストを行うようにしましょう。

もし、肌に合うスキンケアを見つけたら、そこですべて揃えるのもアリです。

ここでは、おすすめのファンデショーンをご紹介します。

ファンケル スキンケアベース

カバー力はあまり無いですが、塗り心地がまったくないベースメイクです。

伸びもかなりよく、本当に塗れているの?と疑問に思いましたが、肌がワントーン明るくなりました。

保湿成分も入っているので、乾燥も防いでくれます。私は本商品を塗って、その上からパウダーファンデを塗るようにしています。

オンリーミネラル ミネラルファンデーション

敏感肌のベースメイクは、パウダーファンデーションが良いと言われています。

こちらの商品は、ファンデーションだけでなく、化粧下地やコンシーラーなどの役目もあり、ベースメイクはこれ1つで十分です。

また、洗顔で洗い落とせるので、肌にも優しいです。

私は、ミネラルファンデーションだけだとシミが隠せないので、下地も塗っています。

フリープラス マイルドBBクリーム

カネボウが販売しているBBクリームです。

敏感肌の人は、パウダーファンデを使うのが良いのですが、私はこちらの商品がかなり肌に合うので愛用しています。

伸びも良く、カバー力も相応にあるので、シミやニキビ跡も隠してくれます。

まとめ 敏感肌の人は必ず成分表を確認しよう!

「西部表は必ずチェック!」の文字

敏感肌の人は、刺激の強い化粧品はダメです。なかには、問題ない物もあるでしょうが、見つけるのに時間が掛かります。

それよりも、敏感肌用の物をいくつか試しながら、自分に合った化粧品を探す方が良いでしょう。

また、その化粧品がいくら良くても、年齢とともに肌の質も変わってきます。そのため、その都度肌に合わせた化粧品を探していきましょう。

とにかく大事なのは、敏感肌の人は必ず成分表を確認して、肌トラブルを引き起こす成分が入っていないか、しっかり確認すること!

これを大事にしましょう。

コメント