副業/仕事

【元Webライターが選ぶ】初心者におすすめの本5選!【読むのはこれだけで十分】

初心者におすすめの本5選!なんで本を読んだ方がいいの?


「これから副業でWebライターを始めたい。でも、何から勉強すればいいんだろう?おすすめの本はある?」


そんな疑問にお答えするため、今回はWebライターを始める人におすすめの本を紹介します。

Webライターは、文字さえ書ければ大丈夫です。今から、クラウドソーシングサイトに登録してもいいでしょう。

しかし、本気で稼ぎたい方はWebの知識が必要です。

ネットで調べれば、Webライターの心構えや、なり方など簡単に探せます。そんな方たちに、元Webライターとして活動していた私から言わせてください。

やまはな
やまはな

本を読みましょう!


何冊も読む必要はありません。

本を出版している方たちは、すでにWebライターとして活躍したり、その分野に精通しています。

その方たちの本を読むことで、Webの文章の書き方を学んでいきましょう。

この記事のざっくりとした内容
  • おすすめの本5選
  • 本を読む理由・利点
  • 本の読みすぎも注意
スポンサーリンク

元Webライターがおすすめする本5選

Web記事の書き方を学ぶならこれ!

『新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング』では、大手ニュースサイト「ナタリー」で、実際に行われているトレーニング法が学べます。

書き方というより、文章の作り方を教えてもらいました。

みなさん、学校で作文を書いたことがありますよね。

Webの書き方は、作文とは異なります。作文は作文の書き方。WebにはWebの書き方と、媒体によって作り方が違うのです。

本作では書く前に取り掛かることや、構成の作り方、文章の見直し方などが載っており、Webライターの基礎がこの1冊で身に付きます。

個人的な感想ですが、文章は私には合わなかったです。ただ、考え方はとても勉強になりました。

記事の構成を作るときは、本作を参考にして作っています。

ユーザーを惹きつける文章を学ぶならこれ!

人を操る禁断の文章術』は、メンタリストのDaigoさんが出版した本です。

タイトルに『人を操る』と書いてあるように、ユーザーを誘導するための文章術が書かれています。

さすが、人間の心理を知り尽くしているメンタリスト。こちらを引き立てるような書き方がされており、説得力がありました。

文章も簡潔にまとめられているので、本を読む習慣がない人でも読みやすいです。

本作のおかげで、ブログのリード文が書きやすくなりました。

文章の書き方が迷走したときに、この本を見返すといいですね。

SEOを学びたい人にはこれ!

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉』では、SEOの知識が身に付きます

この1冊持っていれば、十分というかんじです。SEOは、Webライターとして必須な知識と言っても過言ではありません。

SEOの知識がなくてもWebライターはできますが、あるとクライアントに喜ばれます。

くま子ちゃん
くま子ちゃん

でも難しくない?

やまはな
やまはな

こんな風に、会話形式で教えてくれるから覚えやすいよ


さらに、物語として話が進んでいくので、初心者に親しみやすいでしょう。

会話形式のため、本作自体がとても分厚いですが、SEOのSの字も知らない方に人気が高いす。

私は英語が苦手なので、SEOの単語に拒否反応を起こしていましたが、本作のおかげでこうしてブログが書けるようになりました。

タイトル・見出しの付け方が不安な人はこれ!

100倍クリックされる 超Webライティング バズる単語300』は、Webライターの知識というより、クリックされやすい単語が収録されています。

たとえば、小説のタイトルは、たった2文字でも興味を持たれますよね。

しかし、Webはそうではありません。

ユーザーの興味を引く単語というのがあります。本作は、その単語集です。

Webライターは、記事のタイトルや構成、すべてを考えます。

やまはな
やまはな

タイトルや見出しって、意外と作るのが難しいんだよね


この1冊があれば、タイトル作りのヒントになるでしょう。今も私の傍らには、この本が控えています。

Webライターで稼ぐためのコツを知りたい人にはこれ!

頑張っているのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書』は、すでにWebライターを初めて少し経った人に向けた本です。

しかし、初心者の方にも読んで欲しい1冊です。

本作は、どうしたら単価を上げられるか、お仕事を貰えるかというのが書かれています。

著者の吉見夏実さんが、実際に行った方法が記されてるので、文章の書き方も参考になります

クライアントに送るメール文や、提案の仕方など細かく載っているので、クラウドソーシングで活動する方におすすめです。

実際に読んだ私はWebライターで失敗するのですが、それでも本作を読んでいなければもっと悲惨なことになっていたでしょう。

私は、始める前の人にこそ読んで欲しいと思います。

なぜ「Web」の本を読むのか?

なぜ「Web」の本を読むのか?

ネットにはない知識が載っているからです。

たとえば、最初にご紹介した本。

『新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング』ですが、ネットで探しても本に紹介されている方法など載っていません。

本として売られている物は、著者しか知らない情報や豆知識が書かれています

それを、お金を使いたくないからと買わないのはもったいないです。その本のおかげで、値段以上の報酬を得ることができます。

私は目標金額を達成できませんでしたが、上記の本を読まなければお仕事を貰えなかたったでしょう。

Webライターの本は、初心者の人でも文章を書きやすくしてくれる、魔法の教材なのです。

知識があるとできることが増える⇒仕事がバンバンくる?

知識がある ⇒仕事がバンバンくる?

意外とWebライターをしている方でも、SEOの知識を知らない人や記事の構成が下手な人がいます。

お小遣い程度の稼ぎを求めているなら、それでもいいでしょう。

しかし、立派な副業として「〇万円稼ぎたい!」という人は、そうはいきません。

たとえば、構成はクライアントが考えて、記事の中身を書く仕事を請け負ったとします。

そこに、

「タイトルや記事の構成、ネタだし、私ならすべて考えられます!」


と提案してみるとどうなるでしょうか?

クライアントは仕事が減り、ほかの作業に専念できます。提案したことで、あなたの報酬がアップするかもしれません。

やまはな
やまはな

できること増えると、それだけ求められる人材になっていくんだよ


そんな人は当然、周りに求められます。そして、継続してお仕事が貰えるようになるのです。

Webライターの本は読みすぎない方がいい?

Webライターの本は読みすぎない方がいい?

Webライターについての本は読んだ方がいいとご紹介しましたが、逆に読みすぎも注意です。本を読んでもらっても構いません。

しかし、読むばかりだけで身に着けた知識をアウトプットしなければ、それはただの知識で終わってしまいます。

文章は書いて身に付くものです。私は小説を書くのが趣味なのですが、1つの作品で10万文字書いたことがあります。

文庫小説、約1冊分の文字量です。ありがたいことに、その小説は3万人の方に見てもらいました。この結果は、文章を書き続けたから得られたものです。

テクニックや知識は、もちろんあった方がいいです。

しかし、書き続けなければ人の心を動かす文章はできません。

最初のうちは、2、3冊読めば大丈夫です。あとは書きながら、身に着けていきましょう。

まとめ:本を読んでたくさん文章を書こう

本を読んでたくさん文章を書こう

上達の秘訣は、ひたすら書くこと。

しかし、ただ書くだけでは同じ質の文章が量産されるだけです。

本を読みながら文章を書いていく。

これが、効率のよいステップアップです。

私もWebライターをしながらいろいろな本を読んできましたが、今回紹介した本だけでWebライターの知識は事足ります。

1冊1500円くらいの本を買うだけで、何万円もの報酬が手に入るなら安いものです。

Webライターはときに辛いときもありますが、それよりも文章を書く楽しさがあります。知識を身に着けて人を惹きつける文章を書きましょう。

コメント

  1. このちゃん より:

    こんにちは!
    ブログランキングから来ました。
    いろいろ有益情報ありがとうございます。
    どれも興味深い本ばかりですね。
    選んでいただけると助かります。
    またきますね。

    • やまはな@山の花 やまはな より:

      こんにちは!
      コメントありがとうございます!
      このちゃんさんに、有益と思っていただけたのなら幸いです。